ではく☆かふぇ

作家・クリエーターと仲間づくりの為の交流スペースです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
質・感・空・間 イガデハク = 伊賀でデザイン博
2018年の開催日!
11月30日・12月1・2日(金土日)に開催
です。

このサイトでは、イガデハク=伊賀でデザイン博の管理人の
”しもやん”のいろいろな思いや作業風景を皆さんと共有できればとおもっております。


ポチッと応援お願いいたします(^^)

<< 2011年です! | main | 吉野・三茶屋で初夢まつり開催! >>

新年におもう・・・管理人からのご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 旧年中はいろいろとご支援・ご協力ありがとうございました。
 おかげさまで、イガデハクをはじめとする取組みが認知され、多くの出会いや新たなきっかけが出来つつあります。
 これらは、イベントへの取組みが「賑やかしではなく、質感」という明快なコンセプトと、やはり、人柄・作品共にすばらしい皆さまの努力と応援があるからこそだと思います。

 昨今の不景気により、作品は売れにくくなってきています。反面、生涯の生きがいとして作家活動に励む仲間は年々増えて来ていると感じています。
 販売の機会として「手づくり品のある市」「手づくりのある雑貨のマーケット」が各地で開催されています。皆さんが切磋琢磨、頑張られることは良い傾向だと思います。その反面、客単価・販売単価の低価格化、作品ではなく商品化・作家の行商化の懸念も伝えられるようになってきました。海外からの輸入品・商品等と比較される展開が懸念されます。

 全国的に見ても「質感」をコンセプトにしているクラフトフェアは苦戦するのだろうと思います。ただ、妥協したのでは、作家と作品の「デフレ現象」はこれからも加速すると、懸念しています。
 我々も、「質感空間」「良い事業が作家の、そして地域の発信に寄与する」このコンセプトを堅持しながら、様々なアイデアを考えていきたいと思っています。

●伊賀市文化都市協会をはじめ、行政や地域の各種団体との「協働」のお話が多数、届くようになってきました。「イガデハクエンジン」の事業がまちづくりや地域発信のお役に立てるのなら、出来る限りのお手伝いをしたいと考えています。

●ただ、私自身もそうであるように、我々の集まりは「業体」ではありません。「食業」が別にあることが多いメンバーで構成されていますゆえ。取組みの際には、「必要な目的・スキル・コスト」をよく計算して企画を組まなければ、命取りになると考えています。それが理解していただける、提携パートナーと仕事をさせていただきたいと考えています。

●必然的に事業=イベントの回数が増えてきます。仲間の皆さんに対しては、「休息・様子見もOK」でありたいと考えています。企画の全てにコミットする・・・もちろんそれが一番嬉しいのですが、予定に「振り回される」事にもなりかねません。休息された仲間へは、新たな仲間の発掘や育てる活動への支援をお願いできれば嬉しいと思っています。

4月には新規事業「文化市場」の計画があります。「文化」で括ったより広い意義での仲間づくりのイベント空間を提案したいと考えています。近日中に公開予定ですので、注目していて欲しいです。

7月下旬〜夏休み期間は「質感体験!イガデハク」のリニューアル仕様で開催予定です。昨年好評でしたこの事業。今回は、昨年のデーターを基により良い提案が出来るはずです。体験イベントに今日もある方は提案も待ってます。

秋はイガデハクの「宣伝部隊派遣事業」昨年、やってみましたが結構楽しいし、リアルに効果があるもんです。地域イベントに参加してチラシの手渡しに協力していただいた作家さんに、参加費用などの一部応援を行う予定です。
 11月に開催予定の「名張の街道市」昨年はこれで苦労しましたが、先にも述べた「必要な目的・スキル・コスト」に照らし合わせ、本格参加が妥当かどうか?皆さんで検討いただきたいと考えています。

12月はいよいよイガデハク、今年は2日(金)3日(土)4日(日)の3日間開催といたします。これは決定です!従来のデハクに、金曜日の午後からのワンデイイベントが引っ付いたものと考えて下さい。「2日間参加」「3日間通し参加」「金曜のみ参加」これらのパターンで募集します。
 昨年の改善点について、意見交換の場を設けていきたいと考えております。呼びかけの際には是非、協力お願いいたします。

●更に「来年早々」特別な企画の打診が来ております。実施の場合、秋以降に立ち上げを行う予定です。現在、全体イメージの構築中です。

 昨年はきっかけの1年、今年は忙しくなりそうです。「良い事業が作家の、そして地域の発信に寄与する」そのためには、良き仲間と行動を共に出来ることが前提となります。楽しく頑張れれば、きっと新しい世界に繋がることを信じて、頑張っていきましょう!私も、がんばってみます。

本年も、よろしくお願いいたします。
想いやコメント | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









MOBILE
qrcode
Twitter
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES