ではく☆かふぇ

作家・クリエーターと仲間づくりの為の交流スペースです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
質・感・空・間 イガデハク = 伊賀でデザイン博
2018年の開催日!
11月30日・12月1・2日(金土日)に開催
です。

このサイトでは、イガデハク=伊賀でデザイン博の管理人の
”しもやん”のいろいろな思いや作業風景を皆さんと共有できればとおもっております。


ポチッと応援お願いいたします(^^)

<< 佐藤 由美子 | main | 月刊シンプル掲載 >>

青山篠笛工房 竹政和京



日本の笛、製作、販売

(篠笛)
優美で艶やかさを表現するために「柔らかい音」「美しい音」を追求しております。
音域は2オクターブ半。
笛の仕様、 天然漆塗り、籐天地巻きの2種類、音律(基準ラ=A 440hzで調整しております)
 
  三本調子 (G管)  ケーナと同じ音程、日本人の手では指穴の間隔が限界です。
  四本調子 (Ab管) 天理教で使っている音程の笛
  五本調子 (A管)  六本調子より半音低い笛
  六本調子 (Bb管) 長唄で主に使用する音域
  七本調子 (B管)  六本調子より半音高い笛
  八本調子 (C管)  洋楽のピッコロと同じ音域、祭囃子はほとんどこの音域の笛
  
(能管) 
雅楽で使用する竜笛を基本として受け継いで「のど笛」を加え能楽の 「わび、さび、幽玄」 さを表現できるように改造してある笛です。
音域では十本調子ですが洋楽の定義には当てはまりません。
どちらかと言えば、能楽の笛はメロデイ楽器ではなくて拍子楽器として使用されています。
関東は主に「一噌流」で音は高めで細い管が好まれて使われています。
関西は主に「森田流」で音は低めで太い管(内径15mm)程度が好まれて使用されます。
両方ともに味わい深いものがあります。

〒518-0225
三重県伊賀市桐ヶ丘3-106
T:090-1862-5656
F:0595-52-3463
takema55@@asint.jp

☆ 今回、初参加です。
de-haku 作家紹介【09】 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









MOBILE
qrcode
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES