ではく☆かふぇ

作家・クリエーターと仲間づくりの為の交流スペースです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
質・感・空・間 イガデハク = 伊賀でデザイン博
2018年の開催日!
11月30日・12月1・2日(金土日)に開催
です。

このサイトでは、イガデハク=伊賀でデザイン博の管理人の
”しもやん”のいろいろな思いや作業風景を皆さんと共有できればとおもっております。


ポチッと応援お願いいたします(^^)

<< 伊賀びとカード原画展・みんなアーティスト!報告 | main | 災害でどこに目を向けるのか? >>

イベントは誰のもの?

最近「イガデハク2004」の出展希望の方と電話で話す機会が多いのです
「作家が主体的に、組織や権威に依存しませんし、資金も持ち寄りです、みんなの力で作っていきましょう」とお話しています。

 そう、「イベントは作家のものであり、お客様のものであるべき」と思います。

ところで、ここ数年、主体的であるはずの作家の行動に圧力をかけられている(かけている)という事例・相談が寄せられています。
画廊やバイヤー契約してるわけでもないのに。表現の機会に制限をかけるとは・・・。
言葉を真に受けとめている方も少なくないと聞きます。

 そういう独善的な行為は、プロフェッショナルとは言えず同じ「イベンター=世の提案者」としてとても恥ずかしいことであり、情けなく感じています。

 当方では、イベントや仲間づくりを通しながら「合意や契約」の必要性を提案してその仕組みづくりをすすめてきています。申し込み用紙一つにしても、完成品はなかなか出来ません。何度も作り直して現在に至っています。
 そうやって出来た仕組みにより、口約束だったことが「合意事項」となり、「わかったはず」が「契約事項」にシフトしていけばいいと思います。

 そういう取り組みが最終的に、「イベントは作家のものであり、お客様のものであるべき」につながると思います。
苦労から学ぶ? | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









MOBILE
qrcode
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES